【チャイルド】とは、地球を【母】とするすべての【命】

『チャイルドケア』とは、小さな子どものためのケアではなく、すべてのいのちは、地球を母とする【チャイルド】とし、
さらに、
生きることを活性させることを【生活】として、それを「ケア」としています。

つまり、ひとりひとりの幸せなライフスタイルをみつける提案です。

チャイルドケア研究所とは

チャイルドケア研究所は、自然療法と家庭教育を、子育て・家庭・生活・人生のケアを提案する
「チャイルドケア」(1997~)を体系づけた松本美佳が主宰する活動の名称です。

チャイルドケアを学ばれた方が、自己探求と自己実現のために感性という五感を使い、感情・思考・直観・想像などの力を

高めることを提案しています。

チャイルドケアの概念を理解し、それをさらに自己理解と共に活動スキルを求める方のために
現在は、個人または、少人数でのレッスン&セッションを中心に行っています。


●チャイルドケアWEB講座 (主催 チャイルドケア共育協会)

自然療法と家庭教育を取り入れ、子育てと家庭のケアをWEB講座で学ぶ

然療法と家庭教育を取り入れながら、家庭と子育てを考え取り組んでいくためのホームケア講座を
2000年より「チャイルドケアホームワーク講座」として通信講座で開講しました。
2020年より「チャイルドケアWEB講座」として、

自然療法と家庭教育を深め、子育てだけではなく、

家族、家庭、社会、環境へと視野を広げ、考え取り組み活動していくための講座として展開しています。
チャイルドケア研究所では、この講座の企画監修全般を行っています。
主催・運営は「チャイルドケア共育協会」が行っております。
※ 当研究所では「チャイルドケア講座」は開講していません。講座に対する質問等もお受けできませんので、ご了承ください。


●チャイルドケア研究所の学び

チャイルドケア【いのちのケア】の学び 第2章の提案 

【こころ】感情・思考・意識を理解し【感性】を高め、しなやかで豊かな「生きる力」を学ぶ

当研究所では、いのちのケアにおいて、「こころ」「からだ」「たま・しい」の調和を図ることを1997年に「自然療法治療室・松本鍼灸接骨院」を開業した当初より務めてきました。
心の在り方が体、そして人生にも影響していくと考えます。


チャイルドケアは、その概念を身近な子育てや日々の生活から調えることの提案をしています。
当研究所では、1997~ ナチュラルセラピースクールM’stouch として、
アロマやハーブなどの自然療法を中心にチャイルドケアを深めてきましたが、2021~は、心の豊かさを育むためにさらに「こころ」「たま・しい」の部分を探求し、「こころ」と「感性」をキーワードに

新たに「チャイルドケア 第2章」として
心の幸福と健やかないのちの在り方を考える形をスタートさせます。
今後は、
20年以上前から取り入れている【フラワーエッセンス】そして占いではなく心をリーディングするツールとしての【タロット】を中心に独自の観点で展開していきます。

 

●オンラインで学ぶ個人&少人数制のグループレッスン

CC研究所の学びはすべてオンラインで学ぶことができます。
録画視聴で、ご遠方の方にもお忙しい方にでも学んでいただけるようになりました。

個人レッスンは、カウンセリングやコーチングのようなスタイルで

ご自身の心を調えながら、学習を深めていくことができます。
また内容も、個々に合わせてアレンジが可能です。

受講者様の声 (和歌山県・A.Mさん)

『私は、オンラインでフラワーエッセンスの個人レッスンとカウンセリングを受けています。フラワーエッセンスの学習を中心に取り入れ、自分の心と向き合っていくものとなっています。毎回のレッスンの学びの中で、自分の心や出来事など今の状況が把握でき、何をしたらいいのか、整理されていくように感じています。

私は、レッスンを受けるたびに、フラワーエッセンスの不思議な力に導かれるように、どんどん惹かれていきました。いつもレッスンを受けるのが楽しく、待ち遠しく思っています。

その中で、時に、自分が思いもよらなかった苦かった経験や思いを思い出すこともあるのですが、今そこに向き合うべきときであるんだと思えたり、以前とはまた違った捉え方をすればいいのだと知ったりし、気付けば落ち着いた気持ちになっています。

エッセンスを飲むこともそうですが、エッセンスを飲んでふり返ることで、今自分に起きていることや自分の思いなどを整理でき、無理なく前に進むことができているように思います。

レッスンを受けて、今まで蓋をしてきた自分の思いに気付き、エッセンスを飲むたびに、いろいろな自分の心の扉が開いていく感じがしました。小さい扉、大きめの扉、頑丈に鍵のかかった扉、壊れかけの今にも吹き飛ばされそうな扉、もう早く壊して取ってしまった方がよさそうな扉など…。

まだまだいろいろな扉があると思うので、これからも楽しみにしています。

私は、これまでずっと、人生は苦しいものだと思っていたのですが、そうではないと教えてくれたのもエッセンスでした。

レッスンを通して、今気にしておく問題がわかったり、思い込みであることに気付いたりできているのだと思います。


ごあいさつ

自然療法や家庭教育に興味を持ち、30年。セラピストとしての活動は四半世紀を迎えます。
そして、自然療法と家庭教育を取り入れたいのちのケアを「チャイルドケア」として体系づけ、
通信講座を展開してから20年以上になりました。子育てや生活にこれらを取り入れて伝えていく中で、
いのちの尊さや素晴らしさを私自身が何よりも体験し、学んでいたように思います。

2020年はコロナ禍で今まではない経験をする中、改めていのちの在り方や日々の生活に対する意識を高めることの
重要性を感じるときになりましたが、まさにこのタイミングは必然だったかのように奇しくも、
2020年1月に「チャイルドケア共育協会」として新たな形に生まれ変わり、チャイルドケアはWEB講座に切り替わました。
そして世の中がオンライン化が加速する中で、ZOOM勉強会や講座に切り替わり、
今まで以上に多くの方に学んでいただける機会になりました。
すでに講座を伝えるために指導者も輩出され、チャイルドケアのスピリッツは広がりつつあります。

この偶然を必然と感じ、さらに背中を押されたように、私個人の活動の変化も見えてきました。
いのちのケアを考えていくと、時代や社会背景の中で流動的にとらえていかねばならないことも多々あります。
これはツールを使ったノウハウとは異なります。
そこで、従来の自然療法&家庭教育で伝える「チャイルドケア」をさらに視野を広げ、
より「心」を深めていく内容を
提案することにしました。

以前より、個人のスクールでは、「心」「感性」「精神性」をテーマにした講座を展開してきました。
通信講座では難しいということで、チャイルドケア通信講座のカリキュラムでは省いてきたものです。
満を持して、いよいよこちらを軸に展開をしていきます。
2020年チャイルドケアのいのちのケアとしての第2章となるチャイルドケアの「こころのケア」として
「個」を深め探求していく形に切り替えご提案していきます。
ノウハウやマニュアルを覚えるような講座ではありません。チャイルドケアですから

自分で考え答えを見つけていくことは、変わりありません。

そして研究所という名称がついていますので、短絡的に情報を得る場ではなく、探求できる場でありたいと思っています。
広く浅くではなく、「個」をしっかり育む場としています。
自分(体質・個性・気質・バイオリズム・思考の傾向など)を理解し、自分の答えや行動をみつけていくこと
そのため研究所では、「心」に軸を置いて、感情・思考・想像・創造を深めます。


研究所の学びのきほんツールは「フラワーエッセンス」です。

フラワーエッセンスの様々な考え方、利用の仕方を追究しながら、無意識を深め、自分の意思で考え行動し、

命と生きることをていねいに考え、心と魂について学びます。

2つ目のツールには、「タロット」を使います。
タロットカードを使い、思考を広げて 豊かな想像力と洞察力で

心をリーディングしていきます。決して未来予言や予想したり、何かを当てるというような占いではありません。

あくまでも心を探るツールとして利用します。


フラワーエッセンス、タロットを取り入れながら、またさまざまなツールや思想や概念を俯瞰しながら
自分を知ることで何がしたいのか、何ができるのかを見つけて

意欲的に取り組めることを一緒に見つけていきたいと思っています。

まずは、チャイルドケアを学習した皆さんに、

ぜひ研究所での「チャイルドケア 第2章」に興味をもっていただければ
幸いです。
学びに終わりはなく、そして学ぶことは生きることの喜びをくれるものであると思います。

 


お知らせ


チャイルドケア研究所主催&共催スケジュール

2021年 チャイルドケア研究所の勉強会、講座、個人セッション等は、すべてオンラインのみで行います。
※ チャイルドケア受講者=チャイルドケア講座を学んでいる方、学んだことのある方

 

日程 (2021年) 対象者 タイトル 申し込み

8月・9月
14日 21日 28日 4日

チャイルドケア受講者※

CC家庭キョウイクの学び舎  全4回
未就学・小学生・思春期・受験&就活

お問い合わせ

9 月29日(火)

CC研究所 FE講座受講者

フラワーエッセンスと東洋医学 

お問い合わせ

9 月30日(木) どなたでも

 CC研フラワーエッセンス入門編(1day)

お問い合わせ
10月14日(木)

CC研究所 タロット受講者

 タロットリーディング 補講  お問い合わせ
10月25日(月) どなたでも  はじめてのタロットリーディング講座  お問い合わせ
10月30日(土) チャイルドケア受講者※

「チャイルドケアの言葉のケア講座」

 

チャイルドケア研究所代表 松本美佳 プロフィール

自然療法治療室 松本鍼灸接骨院(1997~) セラピスト
チャイルドケア研究所 代表

チャイルドケア共育協会 企画・監修・本部講師

日本家庭教育学会 常任理事

家庭教育支援協会 理事

 

極小未熟児として誕生した長女の育児に自然療法と家庭教育を積極的に取り入れていく。さらに自然療法(アロマ・ハーブ療法など)を取り入れたセラピストとして活動していく中で、クライアントの様々な痛みの中に「家庭」「ホームケア」の在り方で緩和できること考え、その中心軸にある「生活<ライフ>」に着目し、さらに「環境」「いのち」「生きがい」「人生」「魂」まで幅広くとらえ、全ての「チャイルド」の幸福は、すべてのいのちの調和と循環とし、それを「チャイルドケア」として提案している。
セラピスト、講師活動歴25年目(2021)。
25年前にシュタイナー思想に影響を受け、宇宙・魂・自然などに深い関心を持ち、人とのいのちのあり方について学ぶ。
民間の様々な自然療法、エネルギーワーク資格、カウンセリング資格、ヒプノ、占術等、各種資格取得。

セラピストとして、また自然療法や家庭教育関係の講師としての活動経験と学びを集約し、身近な題材をテーマにして、【からだ・こころ・たましい】についてさまざまな講座を提案。少人数、個人レッスンで個々の感性から気づきを得て、個々で答えを見出す内容になっている。松本美佳が提案するものは、すべて「チャイルドケア」であり、視野、思考を広げることを目的に日々探求し発信中。

※当研究所では、以前ナチュラルセラピースクールM’stouchで開講していたアロマセラピー、ハーブ療法、ボディーケアなどの実技講座などは、現在
開講していません。現在は、自然療法を伝えるスクールをさらにアップデートし、違ったスタイルで「ケア」を追究しています。