チャイルドケアについて

「チャイルド」とは、小さな子どものことだけではなく、
地球を母とするすべての命の総称を「チャイルド」とし

命のケアとして捉えています。

大人になっても私たちは、「チャイルド」であることには変わりません。
全ての命は誰かを母とする「チャイルド」です。

●7つのコンセプト 
●5つのキョウイク 

●3つのステージ

上記の3つのキーワードで
「いのちのケア」をWEB講座では考えていきます。

詳覧ください。


チャイルドケアとは、自然療法と家庭教育を子育てや生活に取り入れながら、自分の命のあり方を見つめ、他の命との関係性や調和を図ることを「健康」と考え、様々な方法やツールを使いながら、考え実践する家庭学習の提案です。
チャイルドケアは、答えを覚える学習ではありません。
常に考え、調和のとれた状況を見直し、行動できることを見つけることにあります。

「ケア」の意味合いを広義的に捉え、生きることを活性させていくことを「生活」とし、人が生きていくうえで、様々ないのちと調和を図りながら、穏やかに循環していくことを「健康」ととらえ、その在り方を考えていきます。
正誤性をつける学習ではなく、自分の中にある「答え」を見出し、安心を得ていくことを大切にしています。

チャイルドケア研究所では「自分」を知ることをテーマにしたレッスンやセッションを行っています。
【個】によりこだわることで、より「チャイルドケア共育協会」の【全体性】との関わりと調和を考えていきます。 


チャイルドケア ヒストリー

●1997年

治療院内でホームケアの充実を図るためにナチュラルセラピースクールM's touchを開校。

その中で、より子育てや生活を健康的に楽しむためのノウハウを「チャイルドケア」とし
単発講座ワークショップのほか、シリーズで様々な提案を行う。

 

●1998年
様々な雑誌で取り上げられ広がったことで、遠方からの希望に対応するために手作りの「チャイルドケア通信講座」を始める。口コミで広がり始める。

 

●2000年
日本アロマコーディネーター協会より「チャイルドケアホームワーク講座」として通信講座になる。

●2001年
ブラス出版より「ママが癒すチャイルドケア」出版

●2007年
ブラス出版より「わたしと子どもと暮らしのレシピ」出版

●2012年~2018年
八洲学園大学公開講座の中でeラーニング(インターネット授業)でチャイルドケア講座開始。

 

●2017年
チャイルドケア講師である松本美佳の個人活動名称を「ナチュラルセラピースクールM's touch」より、「チャイルドケア研究所」と改める。

●2020年

「いのちのケア」をより包括的に考え、行動に繋げるために「チャイルドケア共育協会」と改め新たな活動形態となる。

●2021年
チャイルドケアの公にしてこなかった「こころ」「感性」をキーワードにした講座をすべてオンライン受講できるように提案。